ペルソナ

AGA遺伝子検査とペルソナ遺伝子検査の違い

 

AGAクリニックで行われる遺伝子検査

 

アンドロゲンレセプター遺伝子配列の中で、
特定の(CAGとGGC)塩基配列が何回繰り返されているか(リピート数)を調べる検査です。

 

男性ホルモン型脱毛症リスクの高さと、フィナステリドの有効性の高さを確認する、
男性ホルモン型脱毛症に特化した検査になります。

 

Persona(ペルソナ)遺伝子検査

アンドロゲン受容体リスクに加え、
毛髪、頭皮に纏わる遺伝的特徴を調べるものであり、
AGAクリニックの遺伝子検査とは異なります。

 

AGAクリニックで処方されるプロペシア、ミノキシジルは、万人に有効ではなく(一説では5割近く)、男性機能不全等の副作用を引き起こす可能性があります。
薬での治療を避けたい方にも、薬による副作用のないペルソナは安心して使えます